十一月 行事ご案内

十月六日、歴代住職の三回忌および百回忌を、多くの法中様、ご門徒様、親戚の皆様列席の中、厳かにお勤めさせていただきました。ご門徒の皆様には、お供え、清掃奉仕、当日のお手伝いなど、多大なご協力をいただき、心より感謝申し上げます。現在皆が集う本堂の建立に尽力された「可生法師」、この「寺報」の発行や様々な行事の始まりを作ってくださった「哲俊法師」への感謝を、深く思い起こす一日と成りました。
十月十九日、今年も本堂に「拍手」と「笑い」と「笑顔」がはじけた一日となりました。多くの方にご参加をいただき、今年も「敬老報恩講」を開催出来ました。一五年前、台風二三号のもたらした災害により、演芸が披露されるはずだった舞台は、ボランティアの方の宿泊スペースになりました。二年前、前住の容体が芳しくなく、早々に中止の決定をしていただきました。今年も、災害は起こりましたが、この地は難を逃れ、勝林寺の寺族は皆元気なおかげで、ご縁に遇うことができました。ありがたく、もったいないことです。
TM音楽会
十一月二日(土)午後七時開演
見慣れた住職の顔と本堂、初めてのお医者様のお話と本物の音楽・・いつもの勝林寺がちょっとちがってみえるかもしれません。いつものようにお越しください。
報恩講のご案内
日時十一月二十一日(木)
      お斎  午後五時半より
      御伝鈔 午後六時より
      法要  午後七時半より
  十一月二十二日(金)
      法要  午前十時より
      お斎  法要・法話終了後より
  ご講師 長専寺住職 玉岡祐教師

タイトルとURLをコピーしました